楽天ID決済'



Xperia 5 ガラスフィルム 二次硬化処理 でガラス強化し割れにくくした TOUGH GLASS 3D レジンを組み合わせたフチが強固なガラス

¥ 2,728 税込

加算ポイント:25pt

商品コード: DG-XP53DG3F

数量

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Xperia 5 用 ガラスフィルム「TOUGH GLASS」高光沢 透明タイプ

一般的にガラスは、熱を加えてから急激に冷やす硬化処理法で強度を高めていますが、この方法では側面・端面まで十分に強化することはできず、金属などで衝撃が加わると「欠け」が生じてしまいやすいという特徴があります。しかも、この「欠け」は、一定の深さにまで達することで、ガラス自体が割れてしまう原因にもなっています。

 

「TOUGH GLASS 3D」で使われている二次硬化ガラスは、一般的な熱強化処理を行った後に、特殊な薬品を使った硬化処理を行っています。2度の硬化処理により、側面・端面を含む全方位の硬化を実現。さらにガラスの強度自体も大きく向上。一般的なガラスでありながら、二次硬化処理により強度を誇る化学強化ガラスに匹敵する高強度になっています。表面処理として多層コーティングも施されており、指の滑りも快適に操作できるだけでなく、汚れにも強く皮脂や化粧品などが付着しても、軽く拭き取ることが可能です。

 

また、最もぶつけてしまいやすく3Dガラスプレートの最大の弱点になっていたフチも強化。樹脂(レジン)を使いフチを生成することで、ガラスにかかっていた衝撃をフチが吸収、分散し、3Dガラスプレートがより割れづらくなっています。ディスプレイのカーブに合わせて成型することでフチの強化を図るだけでなく、貼り付けた際のフィット感も向上させています。樹脂(レジン)は紫外線で硬化処理を施しているため、触り心地はガラスと同様で違和感もありません。さらに防塵プレートを設けることで、スピーカー部分から侵入していたホコリを防ぎます。

 


安心のMade for Xperia認定商品

“Made for Xperia”ロゴが添付されているアクセサリは、ソニーモバイルコミュニケーションズ社が提供するスマートフォン“Xperia”専用に設計された製品であり、同社が認定したアクセサリーメーカー(“Made for Xperia”パートナー)にのみ、このロゴの使用が許諾されております。 弊社は、“Made for Xperia”パートナーとして、“Xperia”商品群とコンセプトを共有し、さまざまな魅力あるアクセサリー製品を提供致します。



2度の硬化処理で大幅に強度が向上。割れないから長く使える
一般的な液晶ガラスプレートに必ず施されている熱硬化処理。この硬化処理法は、熱を加えた後、ガラスを急激に冷やすことで内部と外部に生じる温度差を利用し、表面と内部それぞれからの応力をかかった状態にするというもの。これにより衝撃やねじれに対しての耐性が向上します。 一方、「TOUGH GLASS」シリーズで使われている二次硬化ガラスには、熱を使った硬化処理に加えて特殊な薬品を使用した硬化処理も行っています。熱硬化処理で生じた微細な傷に薬品が浸透させることで耐性をさらに向上。薬品には繊細な分子間の結合も補強する効果もあります。 2度の硬化処理を行うことで作られた二次硬化ガラスは、一般的な強化ガラスでは難しい側面・端面も強化。衝撃が加えられることで生じる「欠け」の発生を抑えます。また表面の強度も強化されるため、通常のソーダライムガラスはケミカルガラス(Dragontrail X)よりも強度が低いものですが、二次硬化ソーダライムガラスはケミカルガラス以上の強度を獲得。もちろん、二次硬化ケミカルガラスはそれ以上の強度になります。 「欠け」が生じづらく、強度も大幅に向上した二次硬化ガラスを使った従来の液晶ガラスプレートではあり得なかった「タフさ」を実現。頻繁に買い替える必要もありません。



一般的なガラスと比べ非常に硬く強いアルミノシリケート
ソーダライムガラスと比べる数倍の硬度があり、対象性や質感において上回る高品質なガラスです。従来、ソーダライムガラスと比べて高価な物でしたが、お求めやすいコストパフォーマンスに優れる物をディーフではチョイスいたしております。

FEATURE

▼貼りやすく、触り心地の良い表面処理

表面処理は多層コーティングが施されており、気持ちの良い指滑りを実現しました。格別の操作感を実感できます。また、汚れにも強く、指の脂や化粧品などが付着しても軽くひと拭きで綺麗に拭き取れます。万が一割れても、破片が飛散したり指に刺さることのないよう、特殊なフィルムで飛散防止処理が施されています。

 



「Deff」ブランドについて
社名「Deff(ディーフ)」は、「Design Evolution For the Future」の頭文字をとったものです。独創性の高いアイデアと進化するデザインで、「今」に最適なライフスタイルを提案し、「もっと便利で快適な未来」を創造していきたいという想いが込められています。
モノが溢れる現在、ユーザーのニーズは常に変化しており、「使いやすさ」も同じく変わりつづけています。そんなリアルなニーズに応えるべく製品企画はもちろんデザインも自社内で行っています。「最適な素材」選びや性能と機能美を獲得するまでに洗練されたデザインは、時に加工の難しさを伴うものです。しかし、弊社は高度な加工技術と妥協を許さない管理体制を実現しており、素材やデザインを問わず、すべての製品においてこだわりのモノづくりを続けています。

製品仕様

製品名 TOUGH GLASS for Xperia 5(高光沢 透明タイプ)
ブランド Deff
型番 DG-XP53DG3F (透明クリア/アルミノシリケート)
製品素材 ガラス(基材)、フィルム(飛散防止処理、粘着部)
対応機種 ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社製 Xperia 5
docomo:SO-01M / AU:SOV41 / Softbank:Xperia 5

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆

よくある質問

ご質問の多い項目を表記いたしました。質問事項をクリックしてください。

商品のフィッティングに違和感がある

十分な品質管理を行っておりますが、アルミの塊から削り出しを行っているアルミバンパーなどは特に微細な差により、ボタンの押し具合やガタツキが起こり得るケースがございます。その際にはご遠慮なく、サポート窓口までお申し付けください。端末側にも微細な誤差がある場合もございますため、フィッティング調整や製品交換を承っております。

付属品、ネジの別売について

全ての商品ではございませんが、部品販売を行っておりますのでご利用ください。
「その他-サービス」→「部品販売ページ」
https://www.shop-deff.com/products/list?category_id=112

商品発送のタイミングについて

基本在庫がある物については、当日10時までのご注文は1-2営業日で出荷いたします。(銀行振込の場合は、ご入金確認後)
ご予約商品や欠品がある場合は、日数をいただくケースがございますのでご注意ください。

領収書の発行について

ご購入時の備考欄にその旨、ご記入ください。同送または別送にてお送りいたします。ご購入後に必要となった場合は、サポート窓口までメールをお送りください。
メールアドレス:support@deff.co.jp までご連絡ください。その際にはご注文番号、宛名を併せてお伝えください。

保証対象外について

以下の場合は保証対象外となりますので予めご了承ください。

・通常使用において自然に生じた磨耗やキズ
・誤用、不注意、取り扱いミス、事故、悪用/乱用又は水害や地震等の天災
・意図された目的以外の製品使用
・不適当又は不正な修理や点検による損傷
・変更または改造された製品
・弊社が製造していない製品(Deff製品に関連して使用されるDeff以外のすべての他社製品)

返品について

●返品を受け付ける条件
未開封・未使用のもので、商品ご到着後7日以内に電話またはeメールにてご連絡いただいたもののみお受けいたします。

●返品の送料・手数料の負担について
初期不良の場合は当社が負担いたします。
お客様都合の場合はお客様にご負担いただきます。

●返金について
返品商品到着確認後7日以内にご指定口座にお振込いたします。

製品の修理、修繕について

ご利用中に生じた破損や不具合については、状況を確認させていただき、弊社でできるご案内をいたしております。
バンパーやケース、フィルム関連は、製品の性格上、修理、修繕が不可能なケースがございますため、予めご了承ください。フィッテイング調整やメンテナンス等は、出来る限り無償にてご対応させていただいております。(弊社へのご送付の際は元払いでお願いいたしております)
継続してご利用を希望される場合は、一度弊社サポート窓口までご一報ください。

サポート営業時間について

平日10時-12時、13時-17時まで対応いたしております。
土日祭祝日は誠に恐れ入りますが、休業となります。
電話番号:06-4963-2797
メールアドレス:support@deff.co.jp

もしもの不具合があった場合

十分な品質管理を行っておりますが、アルミの塊から削り出しを行っているアルミバンパーなどは特に微細な差により、ボタンの押し具合やガタツキが起こり得るケースがございます。その際にはご遠慮なく、サポート窓口までお申し付けください。端末側にも微細な誤差がある場合もございますため、フィッティング調整や製品交換を承っております。

▲トップへ戻る